ASMインストール

ASMのインストールに関するヒント(Oracle社オンラインドキュメントから抜粋)

  • 単一のサーバーまたはノード上で複数のデータベース・インスタンスを実行する場合は、そのサーバーまたはノード上の独自のOracleホームにASMをインストールすることをお薦めします。別々のOracleホームを使用すると、ASMとデータベースを個別にアップグレードしたりパッチを適用でき、ASMインスタンスに影響を与えずにデータベース・ソフトウェアをアンインストールできます。
  • 1つのデータベース・インスタンスをサーバーまたはノード上で実行し、今後はデータベース・インスタンスをこのサーバーまたはノードに追加する予定がない場合、ASMとデータベースは1つのOracleホームを共有できます。
  • 単一インスタンスの構成にASMをインストールする場合、DBCAは別個にASMインスタンス用のサーバー・パラメータ・ファイル(SPFILE)とパスワード・ファイルを作成します。
  • ASMのOracleホームがすべてのノード間で共有されるクラスタ化された環境にASMをインストールする場合、DBCAはASMのSPFILEを作成します。ASMのOracleホームを共有しないクラスタ化された環境では、DBCAは各ノードにASMのテキスト形式の初期化パラメータ・ファイル(PFILE)をインストールします。
  • ASMをインストールする前に、ASMサポートのライブラリASMLibをインストールできます。ASMLibは、オペレーティング・システムとデータベース間のインタフェースを容易にし、ベンダーのストレージ・アレイの機能と長所を利用するために、Oracleが開発したApplication Program Interface(API)です。ASMへのオプションのアドオンであるASMLibは、ASM対応カーネルがブロック・デバイスを検出してアクセスするための代替インタフェースを提供することを目的にしています。さらに、ストレージ・ベンダーおよびオペレーティング・システム・ベンダーに、記憶域関連の拡張機能を提供します。この機能によって、パフォーマンスの改善、データ整合性の向上などの利点が得られます。

初期化パラメーター

INSTANCE_TYPE:必ずASMに設定する。
DB_UNIQUE_NAME:ASMサービス名を指定する。
ASM_POWER_LIMIT:再バランスの速度をコントロールする。デフォルト: 1、範囲: 0~11 11は一番速い
ASM_DISKSTRING:ASMで検出するディスク・セットを制限する文字列のカンマ区切りリスト。
ASM_DISKGROUPS:ASMインスタンスの起動時、またはALTER DISKGROUP ALL MOUNT文の使用時にマウントされるディスク・グループの名前のリスト。
例:

INSTANCE_TYPE = ASM
DB_UNIQUE_NAME = +ASM
ASM_POWER_LIMIT = 1
ASM_DISKSTRING = '/dev/rdsk/*s2',''/dev/rdsk/c1*'
DISKGROUPS = dgroupA,dgroupB
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License