データのロードとアンロード

Data Pumpエクスポートおよびインポート

Data Pumpのコンポーネント

  • コマンドライン・クライアントexpdpおよびimpdp
  • PL/SQLパッケージDBMS_DATAPUMP(Data Pump API)
  • PL/SQLパッケージDBMS_METADATA(メタデータAPI)

Data Pumpの特性

  • データを移動する場合、Data Pumpでは、ダイレクト・パス・ロード(またはアンロード)または外部表メカニズム、あるいはその2つの組合せが自動的に使用されます。
  • 新しいData Pump Exportユーティリティで生成されるダンプ・ファイルと、オリジナルのエクスポート・ユーティリティ(exp)で生成されたダンプ・ファイルには互換性がありません。
  • Data Pumpジョブのかわりに動作するアクティブな実行スレッドの最大数を指定する機能。これによって、リソース使用および経過時間を調整できます。
  • ネットワークを介したエクスポートおよびインポート操作のサポート。この場合、リモート・インスタンスが各操作のソースとなります。
  • ほとんどのData Pumpのエクスポートおよびインポート操作の、Oracleデータベース・サーバーでの実行。

Data Pump Process

Client Process:impdp、expdp等、Data Pump APIをコールします。
Shadow Process:Shadow ProcessはクライアントがOracleにログインした時に作られて、Data Pump APIリクエストにサービスします。クライアントがログオフしたら、Shadow Processも消えます。
Master Control Process(MCP):Data Pump Jobを順序に実行することを制御します。OSプロセス名:ORACLE_SID_DMnn_PROCESS_ID
Worker Processes:PARALLELパラメータによってMCPは複数のWorker Processを作って、データ処理を行わせます。OSプロセス名:ORACLE_SID_DWnn_PROCESS_ID

Data Pumpの使用

impdpの使用説明

expdpの使用説明

外部表の新機能

CREATETABLE AS SELECTをサポートされた。

create table ext_test_tab (owner,object_name,object_id,object_type,last_ddl_time)
organization external (type ORACLE_DATAPUMP default directory ext_tables_dir location ('dba_objects.exp')) as
select owner,object_name,object_id,object_type,last_ddl_time
from dba_objects

TYPE ORACLE_LOADER:デフォルトタイプ。テキストベースのデータロードしかサポートされない。
TYPE ORACLE_DATAPUMP:データのロードとアンロードをサポートしている。バイナリダンプデータファイルしかサポートしない。
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License