記憶領域関連の新機能

SYSAUX表領域

  • SYSTEM表領域の補助表領域
  • DB作成時自動にSYSAUXを作成されました。
  • SYSTEM表領域を同じセキュリティ属性を持っています。
  • いろいろなデータベースコンポーネントのデフォルト表領域になります。以前より管理する表領域の数が減少されました。
  • SYSTEM表領域の負荷を減軽しました。
  • 必要なRAWディバイス数を削減するため、RAC管理を容易に
  • SYSAUXにDrop,Rename操作ができません。
  • ALTER TABLESPACEによって、データファイルの追加やオフライン操作ができます。

V$SYSAUX_OCCUPANTSを問い合わせて、SYSAUXに占有内容を確認できます。

SQL> select occupant_name,space_usage_kbytes from V$SYSAUX_OCCUPANTS;

OCCUPANT_NAME                                      SPACE_USAGE_KBYTES
-------------------------------------------------- ------------------
LOGMNR                                                           6080
LOGSTDBY                                                          896
STREAMS                                                           512
XDB                                                             49280
...
EXPRESSION_FILTER                                                3712
EM_MONITORING_USER                                               1600
TSM                                                               256
JOB_SCHEDULER                                                     384

26行が選択されました。

一般表領域管理の新機能

表領域容量の使用状況監視および管理

Shrinking Segments

TALBESPACE RENAME

EM:管理タブ→表領域リンク→Storageクション
SQL:ALTER TABLESPACE sample RENAME TO example;

  • 永続、UNDO、一時表領域がRENAMEできますが、SYSAUX表領域はRENAMEできません。
  • 再命名された表領域にはすべてのデータファイルをオンラインにしなければなりません。
  • 表領域IDに影響ありません。
  • 読み取り専用表領域のデータファイルヘッダーは変更されません。
  • 必要な場合、SPFILEは自動的に更新されます。

Default Permanent Tablespace

デフォルト永続表領域を指定されると、デフォルト表領域を指定しなくてUSERを作成すると、デフォルト永続表領域を使えるようになります。以前のバージョンだと、デフォルトでSYSTEM表領域を使ってしまって良くなかったです。
デフォルト永続表領域の指定方法:
CREATE DATABASE … DEFAULT TABLESPACE users …
ALTER DATABASE DEFAULT TABLESPACE newusers
デフォルト永続表領域の確認方法:

SQL> SELECT property_value FROM database_properties WHERE property_name = 'DEFAULT_PERMANENT_TABLESPACE';

PROPERTY_VALUE
----------------------------------------------------------------------------------------------------
USERS

ALTER TABLESPACE … DROP DATAFILE:

このコマンドでOSから空データファイルを削除する同時にデータディクショナリーと制御ファイルをファイル情報を削除します。

Very Large Database

ビッグファイル表領域(BFT:Bigfile Tablespace)

一時表領域グループ(Temporary Tablespace Group)

パーティション新機能

データベースサーバーでデータファイルコピー(Copying Files by Using the Database Server)

DBMS_FILE_TRANSFERパッケージ

COPY_FILE:ローカルファイルを読み込んで他の場所へコピーします。
PUT_FILE:DBリンクを経由してローカルファイルをリモートDBへコピーします。
GET_FILE:DBリンクを経由してリモートファイルをローカルにコピーします。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License