アーカイブログモードの設定

ARCHIVELOGモードに関する初期化パラメータ

LOG_ARCHIVE_DEST_n (nは1~10の整数)

ローカルまたはリモートのアーカイブ先

LOG_ARCHIVE_DEST , LOG_ARCHIVE_DUPLEX_DEST

ローカルのみのアーカイブ先

LOG_ARCHIVE_MAX_PROCESSES

データベースが最初に起動するARCnプロセスの数を指定する。デフォルトは2。

LOG_ARCHIVE_FORMAT

アーカイブログファイル名の形式。UNIXの場合のデフォルト書式:LOG_ARCHIVE_FORMAT=%t_%s_%r.dbf
%t - スレッド番号
%s - ログ順序番号
%r - リセットログID
番号の左をゼロで埋めるには、大文字(%T、%Sおよび%R)を使用する。

LOG_ARCHIVE_TRACE

トレース・レベルを指定する。

アーカイブモードの実行

データベースをアーカイブログモードに変更
SQL> ARCHIVE LOG LIST
Database log mode              No Archive Mode
Automatic archival             Disabled
Archive destination            /u01/oracle/app/oracle/product/10.2.0/db_1/dbs/arch
Oldest online log sequence     4
Current log sequence           6
SQL> show parameter log_archive_format

NAME                                 TYPE        VALUE
------------------------------------ ----------- ------------------------------
log_archive_format                   string      %t_%s_%r.dbf

SQL> alter system set log_archive_format='PROD_%t_%s_%r.arch' scope=spfile;

System altered.

SQL> alter system set log_archive_dest_1='location=/u03/oradata/PROD/arch' scope=both;

System altered.

SQL> shutdown immediate         -- データベースをシャットダウン
Database closed.
Database dismounted.
ORACLE instance shut down.
SQL> startup mount;        -- マウントに起動
ORACLE instance started.

Total System Global Area  524288000 bytes
Fixed Size                  2085256 bytes
Variable Size             150998648 bytes
Database Buffers          364904448 bytes
Redo Buffers                6299648 bytes
Database mounted.
SQL> alter database archivelog;        -- アーカイブモード実行

Database altered.

SQL> archive log list;
Database log mode              Archive Mode
Automatic archival             Enabled
Archive destination            /u03/oradata/PROD/arch
Oldest online log sequence     4
Next log sequence to archive   6
Current log sequence           6
SQL> alter database open;        -- データベースをオープン

Database altered.

SQL> alter system archive log current;    -- 手動アーカイブテスト

System altered.

SQL>
手動アーカイブの実行
ALTER SYSTEM ARCHIVE LOG ALL;
アーカイバ・プロセス数の調整 LOG_ARCHIVE_MAX_PROCESSES(デフォルトは2)

通常は、この初期化パラメータを指定したり、デフォルト値を変更する必要はない。その理由は、データベースでは、必要に応じて追加のアーカイバ・プロセス(ARCn)を起動して、いっぱいになったREDOログの自動処理が遅れないようにするためである。

ALTER SYSTEM SET LOG_ARCHIVE_MAX_PROCESSES=3;

動的パフォーマンス・ビュー

V$DATABASE
V$ARCHIVED_LOG
V$ARCHIVE_DEST
V$ARCHIVE_PROCESSES
V$BACKUP_REDOLOG
V$LOG
V$LOG_HISTORY

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License