Oracle Managed Filesを使用したデータベース作成

OMFでのデータベース作成の概要

制御ファイルの指定
  • DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_n初期化パラメータで指定されている1つ以上の制御ファイル。
  • DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_nが指定されている場合、DB_CREATE_FILE_DESTまたはDB_RECOVERY_FILE_DEST(フラッシュ・リカバリ領域)に制御ファイルは作成されない。
  • DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_nに値が指定されていない場合で、DB_CREATE_FILE_DESTおよびDB_RECOVERY_FILE_DESTの両方に値が設定されている場合は、それぞれの場所に1つの制御ファイルが作成される。
  • DB_CREATE_FILE_DESTに対してのみ値が指定されている場合は、その場所に1つの制御ファイルが作成される。
  • DB_RECOVERY_FILE_DESTに対してのみ値が指定されている場合は、その場所に1つの制御ファイルが作成される。
データベース作成時のREDOログ・ファイルの指定
  • DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_nが設定されている場合は、指定された各ディレクトリにログ・ファイルのメンバーが作成される。最大数はMAXLOGMEMBERS初期化パラメータの値である。
  • DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_nパラメータが設定されていない場合で、DB_CREATE_FILE_DESTおよびDB_RECOVERY_FILE_DEST初期化パラメータの両方が設定されているときは、それぞれの場所に1つのOracle Managed Filesのログ・ファイルのメンバーが作成される。
  • DB_CREATE_FILE_DEST初期化パラメータのみが指定されている場合は、その場所にログ・ファイルのメンバーが作成される。
  • DB_RECOVERY_FILE_DEST初期化パラメータのみが指定されている場合は、その場所にログ・ファイルのメンバーがされる。
データベース作成時のSYSTEM表領域およびSYSAUX表領域用データ・ファイルの指定
  • DB_CREATE_FILE_DESTが設定されている場合は、SYSTEM表領域用およびSYSAUX表領域用のOracle Managed Filesのデータ・ファイルがDB_CREATE_FILE_DESTディレクトリに1つずつ作成される。
  • DB_CREATE_FILE_DESTが設定されていない場合は、オペレーティング・システム固有の名前とサイズで、SYSTEM表領域のデータ・ファイルおよびSYSAUX表領域のデータ・ファイルが1つずつ作成される。
データベース作成時のUNDO表領域データ・ファイルの指定
  • DB_CREATE_FILE_DESTが設定されている場合は、指定されたディレクトリにOracle Managed Filesのデータ・ファイルがされる。
  • DB_CREATE_FILE_DESTが設定されていない場合は、オペレーティング・システム固有のデフォルトの場所にデータ・ファイルが作成される。
データベース作成時のデフォルト一時表領域用一時ファイルの指定
  • ファイル名を指定せず、DB_CREATE_FILE_DESTが設定されている場合は、Oracle Managed Filesの一時ファイルがDB_CREATE_FILE_DESTディレクトリに作成される。
  • DB_CREATE_FILE_DESTが設定されていない場合は、構文エラーでCREATE DATABASE文が失敗する。

OMFでのCREATE DATABASE検証

検証作成データベース名:SAMPLE SID:SAMPLE

パスワードファイルとSPFILEの作成
[oracle@db-node01 ~]$ mkdir -p $ORACLE_BASE/admin/SAMPLE/adump    ## 必要フォルダを作成した。
[oracle@db-node01 ~]$ mkdir -p $ORACLE_BASE/admin/SAMPLE/bdump
[oracle@db-node01 ~]$ mkdir -p $ORACLE_BASE/admin/SAMPLE/cdump
[oracle@db-node01 ~]$ mkdir -p $ORACLE_BASE/admin/SAMPLE/udump
[oracle@db-node01 ~]$ export ORACLE_SID=SAMPLE
[oracle@db-node01 ~]$ orapwd file=$ORACLE_HOME/dbs/orapwSAMPLE password=oracle force=y    ## パスワードファイルを作成した。
[oracle@db-node01 ~]$ vi $ORACLE_HOME/dbs/initSAMPLE.ora    ## 最低限の初期化パラメータファイルを作成した。

db_name=SAMPLE
sga_max_size=300M
sga_target=300M

"/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/dbs/initSAMPLE.ora" [New] 3L, 49C written
[oracle@db-node01 ~]$ sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 10.2.0.2.0 - Production on 金 4月 10 01:02:34 2009

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle.  All Rights Reserved.

Connected to an idle instance.

SQL> create spfile='/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/dbs/spfileSAMPLE.ora' from pfile='/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/dbs/initSAMPLE.ora';

File created.

SQL> startup nomount;    ## データベースをノーマウントにした。
ORACLE instance started.

Total System Global Area  314572800 bytes
Fixed Size                  1260612 bytes
Variable Size              96469948 bytes
Database Buffers          213909504 bytes
Redo Buffers                2932736 bytes
SQL>
NOMOUNT状態で初期化パラメータを設定する。
SQL> alter system set background_dump_dest='/u01/app/oracle/admin/SAMPLE/bdump' scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set core_dump_dest='/u01/app/oracle/admin/SAMPLE/cdump' scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set user_dump_dest='/u01/app/oracle/admin/SAMPLE/udump' scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set audit_file_dest='/u01/app/oracle/admin/SAMPLE/adump' scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set db_block_size=8192  scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set undo_management=auto scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set undo_tablespace=undotbs scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL> alter system set undo_retention=3600 scope=spfile;
 
System altered.
 
SQL>
OMFでのCREATE DATABASE 検証1

要件:

  1. 制御ファイルを3重化に作成する。 /u01/app/oracle/oradata,/u02/app/oracle/oradata,/u03/app/oracle/oradata
  2. REDOログ・ファイルをデフォルトで作成(2重化)。
  3. データファイルを/u02/app/oracle/oradataに作成する
-- データベースをNOMOUNTにする。
SQL> startup nomount
ORACLE instance started.
 
Total System Global Area  314572800 bytes
Fixed Size                  1260612 bytes
Variable Size              96469948 bytes
Database Buffers          213909504 bytes
Redo Buffers                2932736 bytes
-- OMF初期化パラメータの設定
SQL> alter system set db_create_file_dest='/u02/app/oracle/oradata' scope=both;
 
System altered.
 
SQL> alter system set db_create_online_log_dest_1='/u01/app/oracle/oradata' scope=both;
 
System altered.
 
SQL> alter system set db_create_online_log_dest_2='/u02/app/oracle/oradata' scope=both;
 
System altered.
 
SQL> alter system set db_create_online_log_dest_3='/u03/app/oracle/oradata' scope=both;
 
System altered.
-- CREATE DATABASEを実行する。初期化パラメータのUNDO_TABLESPACEにUNDOTBSを指定したため、データベースを作成する時、同名のUNDO表領域を指定した。
SQL> create database SAMPLE undo tablespace UNDOTBS;    
 
Database created.
 
SQL>

OSで作成されたファイルを確認
[oracle@db-node01 SAMPLE]$ ls -Rl /u01/app/oracle/oradata/SAMPLE/
/u01/app/oracle/oradata/SAMPLE/:
total 8
drwxr-x---  2 oracle oinstall 4096 Apr 10 01:54 controlfile
drwxr-x---  2 oracle oinstall 4096 Apr 10 01:54 onlinelog

/u01/app/oracle/oradata/SAMPLE/controlfile:
total 5948
-rw-r-----  1 oracle oinstall 6078464 Apr 10 01:57 o1_mf_4xwb1o7q_.ctl

/u01/app/oracle/oradata/SAMPLE/onlinelog:
total 205016
-rw-r-----  1 oracle oinstall 104858112 Apr 10 01:54 o1_mf_1_4xwb1ogn_.log
-rw-r-----  1 oracle oinstall 104858112 Apr 10 01:54 o1_mf_2_4xwb1pbx_.log
[oracle@db-node01 SAMPLE]$ ls -Rl /u02/app/oracle/oradata/SAMPLE/
/u02/app/oracle/oradata/SAMPLE/:
total 12
drwxr-x---  2 oracle oinstall 4096 Apr 10 01:54 controlfile
drwxr-x---  2 oracle oinstall 4096 Apr 10 01:54 datafile
drwxr-x---  2 oracle oinstall 4096 Apr 10 01:54 onlinelog

/u02/app/oracle/oradata/SAMPLE/controlfile:
total 5948
-rw-r-----  1 oracle oinstall 6078464 Apr 10 01:58 o1_mf_4xwb1o9z_.ctl

/u02/app/oracle/oradata/SAMPLE/datafile:
total 215288
-rw-r-----  1 oracle oinstall 104865792 Apr 10 01:54 o1_mf_sysaux_4xwb20ss_.dbf
-rw-r-----  1 oracle oinstall 104865792 Apr 10 01:54 o1_mf_system_4xwb1sd7_.dbf
-rw-r-----  1 oracle oinstall  10493952 Apr 10 01:54 o1_mf_undotbs_4xwb20jz_.dbf

/u02/app/oracle/oradata/SAMPLE/onlinelog:
total 205016
-rw-r-----  1 oracle oinstall 104858112 Apr 10 01:54 o1_mf_1_4xwb1omp_.log
-rw-r-----  1 oracle oinstall 104858112 Apr 10 01:54 o1_mf_2_4xwb1qr8_.log
[oracle@db-node01 SAMPLE]$ ls -Rl /u03/app/oracle/oradata/SAMPLE/
/u03/app/oracle/oradata/SAMPLE/:
total 4
drwxr-x---  2 oracle oinstall 4096 Apr 10 01:54 controlfile

/u03/app/oracle/oradata/SAMPLE/controlfile:
total 5948
-rw-r-----  1 oracle oinstall 6078464 Apr 10 01:58 o1_mf_4xwb1oc2_.ctl
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License