DB管理(10g&11g)

Database Administration

データベースの作成
共有サーバーの基本設定
アーカイブモードの設定
OSの起動時にDB自動起動の設定(LINUX)
REDOログの管理
重要な初期化パラメータ
ディレクトリ・オブジェクトの管理
Oracle Managed Files(OMF)の概要
Oracle Managed Filesを使用したデータベース作成
ローカル管理永続表領域
ローカル管理一時表領域
UNDO表領域の管理 
Oracleユーザーの管理
権限の管理
システム権限一覧  
オブジェクト権限一覧  
Oracle 11gデータベースソフトのインストレーション(11g)
11g初期パラメータ変更(11g)

Net Services 管理

listener.oraリスナー設定ファイル
tnsnames.oraファイル
sqlnet.oraファイル

スキーマ・オブジェクト管理

表と一時表の管理
索引構成表の管理(IOT)
索引の作成と管理
パーティション表の概念
パーティション表の作成
パーティション表の管理
パーティション索引の概念
パーティション索引の作成と管理
11gパーティション新機能(11gR1) 11g新機能
11gの仮想列と仮想列ベースのパーティション(11gR1) 11g新機能

Performance

リソース・マネージャの概念
リソース・マネージャの管理

Enterprise Manager

EM Grid Control 10.2.0.5のインストレーション(On Linux 5.x)
EM Management Agent 10.2.0.5のインストレーション(On Linux 5.x)

High Availability

Recovery Manager(RMAN)

リカバリ・カタログの作成
リカバリ・カタログの再同期化
リカバリ・カタログでのRMANストアド・スクリプト
RMANチャネルの構成
バックアップの保存方針の構成
制御ファイルおよびSPFILEの自動バックアップの構成
RMANのバックアップ概念
BACKUPコマンドのオプション指定
制御ファイルのバックアップ 
アーカイブログのバックアップ
データベース全体のバックアップと部分バックアップ
データベースの増分バックアップ 
データベースの完全リストアとリカバリ
データベースのPoint-in-Timeリカバリ
制御ファイルのリストア
オンラインREDOログ破損や消失の障害リカバリ

Flashbackの管理

フラッシュ・リカバリ領域の設定・管理
フラッシュバック・データベースの構成・実行
フラッシュバック・データベースのメンテナンス
フラッシュバック・ドロップの実行方法
フラッシュバック・テーブル機能

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License