Oracle 11gデータベースソフトのインストレーション(11gR1)

ソフトウエア環境

VMware Server 1.0.6 + Enterprise Linux Server release 5.2 (Carthage)
Oracle Database11g soft 11.1.0.6
Oracle Database11g patchset 11.1.0.7

オペレーティング・システムの要件

Oracle Enterprise Linux 5.0に下記のパッケージをインストールする必要がある。

binutils-2.17.50.0.6-2.el5
compat-libstdc++-33-3.2.3-61
elfutils-libelf-0.125-3.el5
elfutils-libelf-devel-0.125
glibc-2.5-12
glibc-common-2.5-12
glibc-devel-2.5-12
glibc-headers-2.5-12
gcc-4.1.1-52
gcc-c++-4.1.1-52
libaio-0.3.106
libaio-devel-0.3.106
libgcc-4.1.1-52
libstdc++-4.1.1
libstdc++-devel-4.1.1-52.e15
make-3.81-1.1
sysstat-7.0.0

rpm -q <package_name>で確認
rpm -q binutils
rpm -q compat-libstdc++-33
rpm -q elfutils-libelf
rpm -q elfutils-libelf-devel
rpm -q glibc
rpm -q glibc-common
rpm -q glibc-devel
rpm -q glibc-headers
rpm -q gcc
rpm -q gcc-c++
rpm -q libaio
rpm -q libaio-devel
rpm -q libgcc
rpm -q libstdc++
rpm -q libstdc++-devel
rpm -q make
rpm -q sysstat

※ Oracle ODBCドライバを利用する場合、下記のパッケージをインストールする必要がある。
unixODBC-2.2.11(32 bit)以降
unixODBC-devel-2.2.11(32 bit)以降

オペレーティング・システム・グループおよびユーザーの作成

oinstall,dbaグループおよびoracleユーザーが存在しなければ下記のように作成しておく。

groupadd oinstall
groupadd dba
/usr/sbin/useradd -g oinstall -G dba oracle
passwd oracle

nobodyユーザーが存在するかどうか確認する。
id nobody
# 存在しなければ下記のコマンドで作成
/usr/sbin/useradd nobody

カーネルパラメータの設定

Oracle社マニュアルに参照してください

/etc/sysctl.confを編集する。
# Kernel sysctl configuration file for Oracle Enterprise Linux
#
# For binary values, 0 is disabled, 1 is enabled.  See sysctl(8) and
# sysctl.conf(5) for more details.

# Controls IP packet forwarding
net.ipv4.ip_forward = 0

# Controls source route verification
net.ipv4.conf.default.rp_filter = 1

# Do not accept source routing
net.ipv4.conf.default.accept_source_route = 0

# Controls the System Request debugging functionality of the kernel
kernel.sysrq = 0

# Controls whether core dumps will append the PID to the core filename
# Useful for debugging multi-threaded applications
kernel.core_uses_pid = 1

# Controls the use of TCP syncookies
net.ipv4.tcp_syncookies = 1

# Controls the maximum size of a message, in bytes
kernel.msgmnb = 65536

# Controls the default maxmimum size of a mesage queue
kernel.msgmax = 65536

# Controls the maximum shared segment size, in bytes
kernel.shmmax = 4294967295

# Controls the maximum number of shared memory segments, in pages
kernel.shmall = 268435456

fs.file-max = 6553600
kernel.shmmni = 4096
kernel.sem = 250 32000 100 128
net.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500
net.core.rmem_default = 262144
net.core.rmem_max = 4194304
net.core.wmem_default = 262144
net.core.wmem_max = 1048576

※ Oracleマニュアルによってnet.ipv4.ip_local_port_range = 9000 65500に関するOracle Universal Installerの警告は無視して良い。
下記のコマンドで変更を有効にする。
/sbin/sysctl -p

oracleユーザーのシェル制限の設定

次の行を/etc/security/limits.confファイルに追加する

oracle           soft    nproc   2047
oracle           hard    nproc   16384
oracle           soft    nofile  1024
oracle           hard    nofile  65536

次の行が存在しない場合、/etc/pam.d/loginファイルに追加する。
session    required     pam_limits.so

oracleユーザーのデフォルト・シェルに応じて、デフォルトのシェル起動ファイルに次の変更をする。bashを利用した場合、次の行を/etc/profileファイルに追加する。
if [ $USER = "oracle" ]; then
        if [ $SHELL = "/bin/ksh" ]; then
              ulimit -p 16384
              ulimit -n 65536
        else
              ulimit -u 16384 -n 65536
        fi
fi

OUIを起動してデータベースソフトウエアをインストールする

インストール要件に満たせば下記のインストール画面が正常に表示される。
11g_soft_installation_01
Oracle11gソフトウエアをインストールした後、11.1.0.7パッチセットをインストールしたほうが良い。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License