Oracle Managed Files(OMF)

OMFの使用上の利点

  • データベースの管理が容易になります。
  • 管理者による誤ったファイルの指定が原因で破損することが少なくなります。
  • 不要なファイルの存在によるディスク領域の浪費が減少します。
  • テスト・データベースおよび開発データベースを容易に作成できます。
  • SQLスクリプト内でオペレーティング・システム固有のファイル名を指定する必要が無いので、移植可能なサード・パーティ製ツールの開発が容易になります。

OMFの作成及び使用有効化

初期化パラメータの設定

DB_CREATE_FILE_DEST初期化パラメータを設定して、データベースが次のファイルを作成するデフォルトの場所を識別できるようにします。

  • データファイル
  • 一時ファイル
  • REDOログファイル
  • 制御ファイル
  • ブロック・チェンジ・トラッキング・ファイル

DB_RECOVERY_FILE_DEST及びDB_RECOVERY_FILE_DEST_SIZEパラメータを設定して、データベースが次のファイルを作成するデフォルトの場所を識別できるようにします。

  • REDOログファイル
  • 制御ファイル
  • RMANによるバックアップセット
  • アーカイブログ
  • フラッシュバックログ

DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_n初期化パラメータを設定して、データベースが次のファイルを作成するデフォルトの場所を識別できるようにします。REDOログ・ファイルおよび制御ファイルを作成する場合のみ、このパラメータは、DB_CREATE_FILE_DESTおよびDB_RECOVERY_FILE_DEST初期化パラメータで指定されているデフォルトの場所を上書きします。DB_CREATE_FILE_DESTパラメータを指定せず、DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_nパラメータのみを指定している場合は、REDOログ・ファイルと制御ファイルのみがOracle Managed Filesとして作成されます。

  • REDOログ
  • 制御ファイル

OMFの命名方法

Solarisファイル・システムにおけるOracle Managed Filesのファイル名の書式を次に示します。
<destination_prefix>/o1_mf_%t_%u_.dbf
<destination_prefix>:<destination_location>/<db_unique_name>/<datafile>

<destination_location>:DB_CREATE_FILE_DESTに指定した場所です。
<db_unique_name>:DB_UNIQUE_NAME或いはDB_NAME初期化パラメータ値が使用されます。
%t:表領域名
%u:一意性を保証する8文字の文字列を表します。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License