パーティション新機能

IOTパーティション

  • リスト・パーティションIOT表:IOT表にすべてのリスト・パーティションをサポートされます。
  • IOTパーティションテーブルのグローバル索引をメンテナンスします。
  • IOTパーティションテーブルにビットマップ索引が作成できます。
  • すべてのIOTパーティションにLOB列をサポートされます。

ローカルパーティション索引

UPDATE INDEXES句:

With Oracle Database 10g, when you modify a partitioned table, you can use the new UPDATE INDEXES clause
to specify storage attributes of the corresponding local index segments as wellas automatically rebuild them.
If the clause is used without specifying any indexes, the indexesare located according to the existing rules
but are rebuilt to make them USABLE.

ALTER TABLE sales_test
MOVE PARTITION s_q3 TABLESPACE USERS2
UPDATE INDEXES
(sales_test_ix (PARTITION s_q3 TABLESPACE EXAMPLE ));

Skipping Unusable Indexes

  • 初期化パラメータSKIP_UNUSABLE_INDEXESはデフォルトでTRUEに設定されて、ORA-1502を防げます。
  • Unusabe索引情報をalert.logに出力するようになりました。

Hashパーティショングローバル索引

  • 10gからHashパーティショングローバル索引はサポートされました。
  • パーティションキーとパーティション数に基づいてOracle Hash関数によって索引エントリを各パーティションに配置します。
  • ADDCOALESCE操作を追加されました。
  • Oracleシーケンスをキーにして挿入する場合、レンジ・パーティションにてhot spotsが発生しますが、ハッシュパーティションの場合、索引エントリがハッシュ関数によって各パーティションにハッシュされて、hot spotsを改善されてスループットが向上させます。

Hashグローバルパーティション索引作成

CREATE INDEX ghoi_ix ON order_items (order_id) GLOBAL PARTITION BY HASH (order_id) (
 PARTITION p1 TABLESPACE tbs_1,
 PARTITION p2 TABLESPACE tbs_2,
 PARTITION p3 TABLESPACE tbs_3,
 PARTITION p4 TABLESPACE tbs_4);

CREATE INDEX ghoi_ix ON order_items (order_id) GLOBAL PARTITION BY HASH (order_id) PARTITIONS 4
STORE IN (tbs_1, tbs_2, tbs_3, tbs_4);

Hashグローバルパーティション索引にパーティション追加と削除

ADD:追加

ALTER INDEX ghoi_ix ADD PARTITION p4 TABLESPACE tbs_5 PARALLEL;

COALESCE:削除
ALTER INDEX ghoi_ix COALESCE PARTITION PARALLEL;

Hashパーティション索引にサポートしない操作

ALTER TABLE SPLIT INDEX PARTITION

ALTER TABLE MERGE INDEX PARTITIONS

ALTER INDEX REBUILD

ALTER INDEX MODIFY PARTITION
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License