RMANのバックアップ概念

RMANバックアップの概要

Recovery Managerによるバックアップが可能なファイル
  • データベース・ファイル(データ・ファイル、制御ファイルおよびサーバー・パラメータ・ファイル(SPFILE)を含む)
  • アーカイブREDOログ
  • Recovery Managerによって作成された他のバックアップ
RMANバックアップの形式
  • イメージ・コピー
  • バックアップ・セット

 * バックアップ・ピース:Recovery Managerのバックアップ・セットの格納に使用される物理ファイルの形式。

RMANのバックアップ・タイプ

全体バックアップ:

バックアップするファイルのすべての割当て済ブロックが含まれる、データ・ファイルのバックアップ。
全体バックアップを増分バックアップ計画に含めて、後続の増分バックアップの親として指定することはできない。

レベル0の増分バックアップ

レベル0の増分バックアップは、物理的には全体バックアップと同一である。
違いは、レベル0のバックアップはRecovery Managerリポジトリに増分バックアップとして記録され、レベル1のバックアップの親として使用できるという点のみである。

レベル1の増分バックアップ

レベル1またはレベル0の最新の増分バックアップ以降に変更されたすべてのブロックをバックアップする。

累積増分バックアップ

レベル0の最新の増分バックアップ以降に変更されたすべてのブロックをバックアップする。

一貫性バックアップ

データベースに一貫性がある状態、つまりSHUTDOWN NORMAL、SHUTDOWN IMMEDIATEまたはSHUTDOWN TRANSACTIONALを使用して正常に停止された後で行われるバックアップである。正常に停止した時点で、REDOログのすべての変更はデータ・ファイルに適用されている。データベースをマウントし、この時点のバックアップを作成すると、将来、メディア・リカバリを実行しないで、このバックアップからデータベースをリストアしてオープンすることができる。

一貫性バックアップ

データベースが正常に停止されていないときに作成されたバックアップ。リストアの後でメディア・リカバリを実行する必要がある。

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License