制御ファイルおよびSPFILEの自動バックアップの構成

制御ファイルの自動バックアップ機能

制御ファイルの自動バックアップの有効/無効
rman target / catalog rman/oracle@OMR
-- 制御ファイルの実行バックアップの有効 
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP ON;
-- 制御ファイルの実行バックアップの無効
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP OFF;
制御ファイルの自動バックアップ書式の構成

デフォルトの置換変数: %F 書式:c-IIIIIIIIII-YYYYMMDD-QQ

  • IIIIIIIIII: DBID
  • YYYYMMDD:バックアップが生成された日のタイム・スタンプ
  • QQ:00から始まる16進の順序です。最大値はFF
-- Local Diskへ
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '/u04/oradata/PROD/backup/ctl_%F'
-- ASM Diskgroupへ
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '+dgroup1/%F';
制御ファイルの構成済自動バックアップ書式の変更

RUNブロックまたはRecovery Managerプロンプトのいずれかで指定可能なSET CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMATコマンドを使用すると、現行のセッションのみで構成済の自動バックアップ書式を変更出来る。
優先順位:

  1. SET CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT(RUNブロック内)
  2. SET CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT(RMANプロンプト)
  3. CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT

設定例:

-- CONFIGUREコマンドで構成済みの設定を上書き
RMAN> SET CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO 'controlfile_%F';
RMAN> BACKUP AS COPY DATABASE;
-- 上のSETコマンドで設定した書式を上書き
RMAN> RUN { 
       SET CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '/tmp/%F.bck'; 
       BACKUP AS BACKUPSET DEVICE TYPE DISK DATABASE;
      }

スナップショット制御ファイルの場所の設定

スナップショット制御ファイルの場所の確認

RMAN>  SHOW SNAPSHOT CONTROLFILE NAME;
 
using target database control file instead of recovery catalog
RMAN configuration parameters are:
CONFIGURE SNAPSHOT CONTROLFILE NAME TO '/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/dbs/snapcf_OMR.f'; # default
 
RMAN>

スナップショット制御ファイルの場所設定
CONFIGURE SNAPSHOT CONTROLFILE NAME TO '/oracle/oradata/trgt/snap_trgt.ctl';
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License