RMANチャネルの構成

1.チャネルの構成の概要

  • チャネルの永続的な設定はRecovery Managerリポジトリに格納される。
  • RUNブロックで囲まれている特定のバックアップ・ジョブでは、構成済チャネルをALLOCATE CHANNELでいつでも無効にすることができる。

2.永続的な設定 CONFIGUREコマンド

2.1 デフォルト・デバイス・タイプ CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO…

デフォルト・デバイスタイプにテープを指定する。

RMAN> CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO sbt;
 
using target database control file instead of recovery catalog
new RMAN configuration parameters:
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO 'SBT_TAPE';
new RMAN configuration parameters are successfully stored
 
RMAN>

デフォルト・デバイス・タイプにディスクを指定する。
configure default device type to disk;

CLEARを指定すると、デフォルトのデバイス・タイプがDISKに戻る。
configure default device type clear;

※ タイプDISKおよびsbtの自動チャネルを構成し、デフォルトのデバイス・タイプをDISKに設定した場合、BACKUP DATABASEコマンドを実行すると、Recovery Managerではディスク・チャネルのみが割り当てられる。デフォルトデバイスをオーバーライドするには、RUNブロックで手動で割り当てるか、BACKUPコマンド自体でDEVICE TYPEを指定する。
2.2 デバイス・タイプのチャネル設定の構成 CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPEコマンド

FORMATオプション:バックアップ・ピースまたはイメージ・コピーに対するファイル名の形式または自動ストレージ管理ディスク・グループを指定する。

CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT = '/u04/app/oracle/oradata/PROD/rman/bk_%U';

FORMAT構文の要素 説明
%a データベースのアクティブIDを指定
%d データベースの名前を指定
%e アーカイブ・ログ順序番号を指定
%f 絶対ファイル番号を指定
%F DBID、日、月、年および順序を組み合せて固有で反復可能な生成名にする。この変数は、c-IIIIIIIIII-YYYYMMDD-QQに変換される
%D グレゴリオ暦による月の現在の日付をDD形式で指定
%M グレゴリオ暦による月をMM形式で指定
%Y 年をYYYY形式で指定
%T グレゴリオ暦による年、月および日をYYYYMMDD形式で指定
%U システムによって生成される一意のファイル名(デフォルト)を指定
%I DBIDを指定

Oracle社:FORMAT構文の詳細
MAXOPENFILESオプション:BACKUPコマンドが一度にオープンできる入力ファイルの最大数(デフォルトは8)を制御する。
MAXPIECESIZEオプション:このチャネル上で作成される各バックアップ・ピースの最大サイズを指定する。サイズはバイト単位、KB単位(K)、MB単位(M)またはGB単位(G)で指定する。
設定例:

CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT='/u04/app/oracle/oradata/PROD/rman/%d_%U_%T.bak' MAXPIECESIZE=1G;

指定したデバイス・タイプの汎用チャネルについて、新規コマンドにより、そのデバイス・タイプの以前の設定が消去される。
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE sbt MAXPIECESIZE 1G;
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE sbt FORMAT 'bkup_%U'; -- 最初のコマンドのMAXPIECESIZE設定が消去される。
2.3 チャネルのパラレル化の構成 CONFIGURE DEVICE TYPE … PARALLELISM integer

デバイス・タイプDISKのジョブに3つのチャネルが割り当てられる。

CONFIGURE DEVICE TYPE DISK PARALLELISM 3;

ディスク・バックアップを2つのディスクに送信
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO disk;        # backup goes to disk
CONFIGURE DEVICE TYPE DISK PARALLELISM 2;     # two channels used in in parallel
CONFIGURE CHANNEL 1 DEVICE TYPE DISK FORMAT '/disk1/%U' # 1st channel to disk1
CONFIGURE CHANNEL 2 DEVICE TYPE DISK FORMAT '/disk2/%U' # 2nd channel to disk2
BACKUP DATABASE; # backup - first channel goes to disk1 and second to disk2
2.4 バックアップ・タイプの設定

ディスク・バックアップまたはテープ・バックアップのデフォルトのバックアップ・タイプを、BACKUPSET、COMPRESSED BACKUPSETまたはCOPYに設定する。

CONFIGURE DEVICE TYPE DISK BACKUP TYPE TO COMPRESSED BACKUPSET;

3.永続的なチャネル設定およびデバイス設定のクリア

CONFIGURE DEVICE TYPE …CLEAR
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE CLEAR
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE …CLEAR
CONFIGURE CHANNEL n DEVICE TYPE …CLEAR(nは整数)

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License