待機イベントクラス(10gR2)

待機イベントクラス一覧(Oracle10gR2 リファレンス参照)

  • Administrative:ユーザーが待機する原因となるDBAコマンドによる待機(たとえば、索引再作成)
  • Application:ユーザーのアプリケーション・コードによる待機(たとえば、行レベル・ロックまたは明示的ロック・コマンドが原因のロック待機)
  • Cluster:Real Application Clustersリソースに関連する待機(たとえば、gc cr block busyなどのグローバル・キャッシュ・リソース)
  • Commit:1つの待機イベントのみで構成される待機クラス: コミット後のREDOログ書込み確認用待機(log file sync)
  • Concurrency:内部データベース・リソースの待機(たとえば、ラッチ)
  • Configuration:データベースの構成またはインスタンスのリソースが十分でないことによる待機(たとえば、ログ・ファイル・サイズ、共有プール・サイズなどが小さい)
  • Idle:セッションがアクティブでない、すなわち作業(SQL*Net message from clientなど)の待機中であることを示す待機
  • Network:ネットワーク・メッセージ(SQL*Net more data to dblinkなど)に関連する待機
  • Other:通常、システムでは発生しない待機(たとえば、wait for EMON to spawn)
  • Scheduler:リソース・マネージャに関連する待機(たとえば、resmgr: become active)
  • System I/O:バックグラウンド・プロセスIOの待機(たとえば、db file parallel writeのDBWR待機)
  • User I/O:ユーザーIOの待機(たとえば、db file sequential read)
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License